ボディピアス|5.口唇ピアス

HOME > ボディピアス > 口唇ピアス

5. 口唇ピアス

口唇はラブレットと呼ばれる、片方(口側)が平らでもう片方がボール(外側)のボディピアスを使います。唇ピアスを開けたての頃はピアスが歯や口腔粘膜、舌にあたって、違和感があります。ピアスが唇の厚さに対し長過ぎると、軸が余って外に突き出てしまい、美しくありませんし、口の中や外で引っかかって不快感があります。短過ぎると、ピアスのボールが皮膚を圧迫してトラブルの元になります。ぴったりのファーストピアスを選ぶことが大切です。正確な場所にピアスホールを開けるために、ピアッサーではなくニードルを使います。麻酔をしてから穴あけをしますので、ピアスを開ける時は痛みがありません。
 
メール相談
 
アネシスオフィシャルサイト
 
アネシス料金表
 
 
アネシス美容外科
 
アネシスブログ